スポーツ以外も投資の対象であるブックメーカー

ブックメーカー

ブックメーカーはスポーツや政治、経済、芸能関係などあらゆる社会現象やイベントを対象として賭け事を主宰するヨーロッパやアメリカの企業です。本来は賭けを通してスポーツなどをより深く楽しむことを目的としますが、方法によっては勝率を高めることができるため投資目的で利用されることもあります。
ブックメーカーで賭けの勝率を高めるためには、正確な情報収集と利便性の高いサイトを利用することが重要です。

スポーツを対象として賭けが行われる場合には、サッカーやテニス、野球などの勝敗が予想されます。また勝敗だけではなくスコアや勝ち方なども賭けの対象となります。日本で行われるサッカーや野球の試合が賭けの対象となる場合もあり、国内からの参加者は有利に賭けを行うことができます。特定の分野に関する知識に習熟するほど、賭けの勝率は高まります。

日本からも多くの利用者が海外のブックメーカーサイトにアクセスしています。そのためブックメーカーサイトの中には日本語に対応しているものも存在します。

一般的に入出金は海外口座と国際送金を利用して行いますが、ビットコインなどの仮想通貨が使用できる場合もあります。ビットコインなどの仮想通貨は世界共通の通貨としての性質を有します。
そのため円やドルに交換する必要がなく、金融機関を通さなくてもインターネット上で直接送金することができます。国際送金を利用する場合と比較して手数料が安くでき、為替変動により損失を被ることもありません。
投資目的でブックメーカーを利用する場合には、正確な情報を集めて利便性の高いサイトを選択すれば投資効率を高めることができます。

日本のブックメーカーはこちらへ

ブックメーカーの控除率とアービトラージ

Bet

ブックメーカーではスポーツの勝敗を予測して賭けることができるので、スポーツ観戦の楽しみが増えることになります。
その一方で、投資家として資産運用の対象と見るケースも多くあります。これは複数のブックメーカーがサービス提供をすることにより「控除率が有利=オッズが有利」となる場合があるためです。

さらに戦略的に賭けることで、安定した収益を出すことも可能となります。これは確率を利用したもので、投資でも一般的に用いられている戦略です。アービトラージと呼ばれる手法は両建て法とも言われ、リスクの少ない投資方法として知られています。
具体的には、試合を行うチームや選手両方同時にベットをします。ただし注意することは、期待値となるオッズが2倍以上になるということです。
例えば片方のチームのオッズが1.5であれば、もう片方のチームのオッズは2.5以上であることが必要です。そしてこれは同じブックメーカーでは通常あり得ない数字となります。ただし状況によってはこのようなベットが可能となる場合もあります。

最初にオッズの高い方に賭けておいて、賭けが進むに連れて相手側のオッズが上昇すれば可能となるのです。
あるいは複数のブックメーカーを利用して、異なる業者を選んでオッズの高いところにベットをする方法もあります。これならば、同時にオッズを確定させることができるので、極めて低いリスクで利益を出すことができます。
リスクを減らし資金を安定的に運用することができるというわけです。